banner

【離婚相談】配偶者が一方的に離婚届を提出することを防ぐには

離婚届は、原則として、夫婦双方が自身の意思で離婚に合意し
署名・押印して役所に提出するものです。
しかし、離婚届に押す印鑑は認印でも良く、印鑑証明の提出は求められません。
そのため、相手が離婚届を偽造して、役所に提出することもできるのです。
一度、役所で受理をされてしまうと、取り消すことは簡単ではありません。


そこで、、勝手に離婚届けを提出されそうになった場合には、
本籍地又は住所地の市区町村役場に「離婚届けの不受理申出」をすることにより、
役所が離婚届を受理することを防ぐことができます。


[方法]
市区町村役場にある所定の申出書により申出を行います。
※不受理申出は申出人本人が、役所の窓口に来庁する必要があります。


[申出地]
原則として本籍地の市区町村役場に行わなければいけませんが、住所地の市区町村役場で受け付けてくれます。


[不受理期間]
以前は、申出をしてから6カ月経過すると再度申出を行う必要がありましたが、平成20年5月1日より無期限となりました。よって、再度申出する必要はありません。


詳しくは、提出先の市区町村役場でご確認のうえ、申出をしてください。


[持参するもの]
不受理申出書、印鑑(認印)、本人確認の書類(免許証、パスポートなど)




★業務対応エリア


大阪府
大阪市、能勢町、豊能町、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、島本町、豊中町、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、太子町、河南町、千早赤阪村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、堺市(堺区・北区・中区・西区・東区・南区・三原区)、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町

和歌山県
和歌山市・岩出市・紀の川市、橋本市、海南市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、湯浅町、広川町、有田川町、美浜町、日高町、由良町、日高川町、みなべ町、印南町、紀美野町、白浜町、上富田町、すさみ町、かつらぎ町、九度山町、高野町、串本町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村


不倫慰謝料請求書の作成は、全国どの地域のお客様からの書類作成に対応しております。



 
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.