banner

大阪・和歌山 協議離婚書作成支援室にご依頼頂くメリットについて

離婚の相談相手」として、あなたが真っ先に思い浮かぶのは、
弁護士ではないでしょうか?
幣事務所のお客様にも、弁護士に相談に行かれた後に
弊事務所にご相談にいらっしゃる方が結構いらっしゃいます。

行政書士は弁護士と違って、あなたに代わってトラブル相手と示談交渉したり
裁判での代理人となることはできません。
行政書士は、内容証明契約書等法的書面作成の専門家です。

もめごとが既に大きくなっており、
当事者間では解決できない場合や訴訟に発展しそうな場合でしたら、
弁護士に依頼しなければなりません。

しかし、当事者間の協議で解決できるようでしたら、
行政書士に相談することで、スムーズな解決に導けるケースもあります。

ここでは、幣事務所にご依頼を頂いた場合のメリット
お伝えさせていただきます。
特に、専門家選びに迷っていらっしゃる方については、
ひとつの判断基準としてご覧頂ければ幸いです。

幣事務所では無理に業務依頼を受けるようなことはせず、
最初にお話を伺った段階で、弁護士に依頼すべき案件だと判断した場合は
理由をお話しした上で、速やかにその旨お伝えしております。


メリット1 一から離婚知識を勉強することなく、時間と労力の節約が可能


離婚の知識は、
書籍や無数にあるインターネット上の離婚サイトから収集することはできます。
しかし、いざ書面を作成しようとした際に、
法的な判断が付かず公序良俗に反するような内容を記載してしまい、
後になって契約内容が無効となってしまう可能性も出てきます。

また、離婚に至るまでの過程では非常に精神的ストレスが掛かります。
そのような中でひとりでこの離婚問題を抱え込むのは、精神衛生上良くないことです。

ですから、全てのことを一人でやってしまおうと考えるのではなく、
費用はかかっても専門家の力を借りる方が手間も時間も節約でき、
何しろ、安心して離婚手続を進めることができるのです。

幣事務所では、開業当初から離婚問題を扱うHPを開設し、
大阪・和歌山の方を中心に、協議離婚のご相談や離婚協議書の作成を行ってきました。

協議離婚問題の専門家として、一般的な内容の回答ではなく
個別にお話しを伺って一件一件時間を掛けて対応するため、
幣事務所では、無料相談を行っておりませんが、
それでも、多くの方にご利用を頂いております。

初回相談時には、協議離婚に関する疑問点や不安に思われていること
すべて私にぶつけてください。
きちんと理解して頂けるよう分かりやすい言葉
丁寧にお答えさせて頂きます。

ご相談頂いたからといって、依頼をしなければいけないわけではありません
初回相談のみのご利用だけでも大歓迎です
けっして、依頼への誘導や勧誘をすることはありませんので、
安心してご相談ください。

幣事務所では、お客様との信頼関係をもっとも大切にしております。
離婚や契約書面に関する法的知識や業務経験については自信を持ってはおりますが、
お客様との信頼関係を築けていない中で、無理に依頼を頂いたとしても、
それでは、決してお互いのためにはなりません。

ですから、初回相談時にご依頼を頂けるよう誘導するようなことはいたしません
他の事務所と比較するなど、よく考えて頂いてから、
もし、「この人に任せたい。」と感じて頂けましたら、ご連絡ください。

また、有料相談後書面作成のご依頼を頂いた場合には、
書面作成報酬から初回相談時の相談料控除させて頂いております。


メリット2 公証人との信頼関係があり、依頼者の意思に沿った書面作成が可能です


離婚協議書公正証書の作成は、
なにも専門家に頼んでしないといけないわけではありません。
ご自身だけ、または直接公証役場に赴いて作成することが可能です。

ただ、公証役場にいらっしゃる公証人は法律の専門家ではありますが、
基本的には作成する証書が本人の意思によるものであることを
公証することが主な仕事となります。
ですから、公証役場で離婚の公正証書を作成するにあたっては、
ある程度、ご自身で書面の内容を定めておかなければなりません

公証人もある程度の相談には乗ってはくれますが、
公証人は公証役場で多くの公正証書の作成に携わっているため、
ひとりに割ける時間は限られてしまい、
ご本人の事情を十分にお聞きする時間を取ることはできません。

そのような中で公正証書は作成されますので、
ご本人がまとめた内容に沿ってそのまま作成されることがほとんどです。
これがご本人の意思ではあるので、それはそれでかまわないのかもしれませんが、
ご本人の事情によっては、離婚の公正証書の内容として十分ではないケースもあります。

また、その書面内容が、本当にご自身のにとって最適なものなのか
トラブル防止に役立つのかをご自身で判断することはむずかしいことでしょう。
せっかく公正証書を作成しても、書面の内容に記載漏れがあったり、
養育費が滞った場合に、きちんと支払いが担保されなければ、
公正証書を作成した意味がありません。

ケースバイケースではありますが、
単に公正証書を作成して強制執行できるというだけでは不十分な場合があります。

幣事務所では、開業したからこれまでの間、
離婚公正証書を中心に数多くの公正証書を作成してきました。
その数だけ公証人との打合せを行い、
公証人だけではなく、公証役場の事務員さんとも信頼関係を築いてきました。

その中で、私が作成した原案公証人も尊重してくれるようになり、
そのまま公正証書化されることも多くあります。

ご自身の納得のいく公正証書を作成できるかについては、
公証人との打ち合わせにかかっています。
公証人の中には、金銭の支払いに関する以外の
公正証書に記載してもあまり意味のない条項については、
記載したがらない方もいらっしゃいます。

そのため、「この内容を書面に記載してほしい。」と公証人にお願しても、
このような内容の記載はできない。」と門前払いされてしまうこともあるようです。
そう言われてしまうと、一般の方では、公証人がおっしゃられていることなので、
そういうものなのか」と納得してあきらめてしまうことでしょう。

しかし、幣事務所が関与し、公証人に依頼者の気持ちをしっかりと伝えることで、
依頼者様の要望を公正証書の中に記載してもらえることもあります。

幣事務所では、そういった面も含め、
離婚や契約に関する法律・判例の研究これまでの実務経験から
最善の公正証書案をご提示し、法律の専門家である公証人としっかり打合せを行い、
依頼者様が少しでも安心できるよう離婚公正証書の作成を精一杯ご支援させて頂きます。


メリット3 公正証書の作成後も 疑問やお悩みごとのご相談に無料で対応します


公正証書を作成したらそれで終わりということはなく、
離婚後の生活に関する疑問やお悩みごと無料で対応させて頂きます。

どんな些細なことでもかまいませんので、お気軽にご連絡ください。
私は、ライフパートナーとして、いつでもみなさまの近くにいます。

また、当教室では、司法書士税理士社会保険労務士
保険代理店などとも提携しております。

私自身も、お金に関する専門資格である2級FP技能士の資格も有しております。
離婚以外のことでも、お困り事がございましたら、
どのようなことでもご連絡ください。

  司法書士    … 不動産の名義変更手続きの専門家
  社会保険労務士 … 年金・介護保険の専門家
  税理士     … 税金の専門家

ご紹介をしたからといって、その専門家に業務を依頼しなければならない
ということはございませんのでご安心ください。


南大阪 離婚協議書作成相談室離婚協議書作成をお考えの方へサービスメニュー&料金プラン

当支援室へのご相談・お問い合わせについては、こちら↓をクリックしてください。


★業務対応エリア

 

大阪府
大阪市、能勢町、豊能町、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、島本町、豊中町、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、太子町、河南町、千早赤阪村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、堺市(堺区・北区・中区・西区・東区・南区・三原区)、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町

和歌山県
和歌山市・岩出市・紀の川市、橋本市、海南市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、湯浅町、広川町、有田川町、美浜町、日高町、由良町、日高川町、みなべ町、印南町、紀美野町、白浜町、上富田町、すさみ町、かつらぎ町、九度山町、高野町、串本町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村

 

不倫慰謝料請求書の作成は、全国どの地域のお客様からの書類作成に対応しております。


Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.