banner

【不倫問題】W(ダブル)不倫の慰謝料

不倫相手に慰謝料請求をする場合、相手が未婚者ばかりだとは限りません。
不倫相手も既婚者である場合も考えられます。



そのことを、W(ダブル)不倫と言いますが、
W不倫の場合は、未婚者に請求する場合よりも更に慎重に対策を考える必要があります。
何故なら、ご自身の配偶者に対しても、
相手の配偶者から慰謝料請求される可能性があるからです。



○ 双方の当事者全員が不倫の事実を知っている場合で、
  ご自身の夫婦は離婚しない場合


離婚をしないで婚姻関係を修復に努める場合、
相手に対して慰謝料請求するかどうかに関しては、よく考えなければなりません。



不倫相手を許せない気持を強くお持ちであることと思いますが、
こちらが請求すれば、相手の配偶者も謝料請求をしてくることになるでしょう。



慰謝料請求の金額は、事情により双方同額とは限りませんが、
話合いの段階では±0で解決を図ることが現実的な解決方法となります。



○ 双方の当事者全員が不倫の事実を知っている場合で、
  ご自身の夫婦が離婚に進む場合


この場合は、相手に対して堂々と慰謝料請求すればよいでしょう。
相手の配偶者から、ご自身の配偶者に慰謝料請求される可能性はありますが、
離婚すれば他人ですから関係ないでしょう。



但し、慰謝料請求されることで、
離婚時の財産分与や養育費及び慰謝料の支払いに影響が出る可能性はあります



○ 相手の配偶者に不倫の事実が発覚していなくて、
  不倫相手が発覚を恐れている場合


このケースが、最も有利に交渉を進めることができます。



不倫相手は自分の配偶者に不倫が発覚するのを恐れるあまり、
こちらの請求が通りやすいからです。
但し、有利な立場だからといっても、
威圧的な態度や脅迫的な文言で請求すると相手も開きなおったり、
脅迫罪で訴えられることにもなりかねませんので、そこは注意しなければなりません。



また、不倫相手の配偶者に事実が知られないようにしてあげる配慮が必要です。



高額な慰謝料を支払うわけですから、
遅かれ早かれ、事実が知れる可能性は高いのですが、
知れれば慰謝料請求を受ける可能性は大いにあり得ます。
離婚するにしろ、しないにしろ、ご自身の配偶者が慰謝料請求を受ければ
生活費や離婚時の財産分与や養育費の支払いに影響を受ける訳ですから、
知られない方が断然よいわけです。



≫ 配偶者との念書・誓約書の作成
≫ 不倫相手への慰謝料請求サポート
≫ 不倫相手との示談書・和解契約書の作成


南大阪 離婚協議書作成相談室離婚協議書作成をお考えの方へサービスメニュー&料金プラン



★業務対応エリア


大阪府
大阪市、能勢町、豊能町、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、島本町、豊中町、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、太子町、河南町、千早赤阪村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、堺市(堺区・北区・中区・西区・東区・南区・三原区)、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町

和歌山県
和歌山市・岩出市・紀の川市、橋本市、海南市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、湯浅町、広川町、有田川町、美浜町、日高町、由良町、日高川町、みなべ町、印南町、紀美野町、白浜町、上富田町、すさみ町、かつらぎ町、九度山町、高野町、串本町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村

 

不倫慰謝料請求書の作成は、全国どの地域のお客様からの書類作成に対応しております。

  

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.