banner

再度の不倫・浮気防止のための宣誓認証作成サービス

宣誓認証とは、
私署証書(私法上の法律行為や法律行為に関連性ある事実を記載した文書)の認証に当たり、
私署証書の作成者が公証人の面前で
記載内容が真実である旨を宣誓して署名もしくは捺印した場合
には、
その旨を記載して認証する制度です。


私署証書とは、
私法上の法律行為や法律行為に関連性のある事実を記載した文書で、
陳述書や報告書、契約書、覚書など作成日付が記入され、
作成者の署名(署名押印)又は記名押印のなされた私文書のことをいいます。
この中に、浮気をした際の誓約書も含まれます。


この宣誓認証には、虚偽の宣誓を行った場合には制裁規定があり、
その旨を公証人から告知された上で行われる厳粛な手続きですので、
公証人によってその作成が真正であることが公証されるだけではなく、
その記載内容についての真実性も公証されることになります。


浮気をしたご主人(あるいは奥様)が、
もう二度としないから許してほしい」と謝ってきた場合、
あなた自身も離婚はしたくはない、でも言葉だけでは信用できない…


そのような場合に、宣誓認証制度を利用することで、
公に証明された書面として残ります。


宣誓認証は、公証人の面前で、
もう二度と浮気をしません」という誓いを立てることです。
上記のように、虚偽の宣誓をした場合の制裁もありますので、
約束を守らなければならない」という心理的プレッシャーを与えることができます。


もちろん、これだけで今後二度とこのようなことが起こらないとは言えません。
あとは、ご夫婦の努力で関係を修復して頂かなければなりません。


しかし、公証人の面前でこのような誓いを立ててもらうことで、
浮気の再発防止だけでなく、浮気を許した後の夫婦間の信頼関係を取り戻していく上での
きっかけともなり得るものだと思います。


当事務所では、宣誓供述書の作成から、公証人との打ち合わせ
宣誓供述書作成当日の同行までをフルサポートしております。


宣誓供述書の作成をお考えの方は、ご遠慮なく当事務所までご相談ください。



★「宣誓認証作成サービス」の内容と業務の流れ


●サービス内容


   ○ 宣誓供述書に関するご相談
   ○ 宣誓供述書原案の作成
   ○ 公証人との打ち合わせ
   ○ 公証役場への同行

●依頼者様にご用意頂くもの


   ○ 本人確認のための写真付き公的身分証明書(免許証など)
   ○ 印鑑(認印)
    ※ 事前に公的身分証明書の写しを当事務所までFAXして頂きます。
      (原本については作成当日に必要となります)


●報酬額
    42,400円
    ※ 別途、公証人手数料として11,000円が必要となります。




※ご依頼後の相談料は、回数・期間を問わず無料です。




≫ 「夫婦関係調整のための合意契約公正証書を作成してほしい」という方はこちらをご覧下さい!


→ご依頼の流れ


ステップ1 ご相談・事実確認


 メール又はお電話で当事務所にお問い合わせ下さい。お問い合わせ内容を簡単にお伺
 いし、面談日を設定させて頂きます。面談日までにご用意いただきたい資料をFAX又
 はメールでご案内させて頂きます。遠方の方は、電話又はメールの対応も可能です。


 大阪府泉佐野市葵町3丁目9番18号
     J.T.Y.21 302号
 行政書士中村法務事務所
 TEL 072-424-8576 メール info@nakamura-houmu.com


ステップ2 ご相談内容の確認


 お客様のお話をしっかりと伺い、今後の業務の流れについてご説明させて頂きます。
 どのような内容の書面にするかお客様と確認します。


ステップ3 業務着手


 正式依頼を頂きましたら、報酬額をお支払い頂きます。
 報酬のお支払いが確認出来ましたら、速やかに宣誓口述書原案の作成を行います。


 宣誓供述書の原案ができましたら、依頼者様にメール又はFAXで送信させて頂きますので
 内容をご確認ください。
 修正については、何度でも行いますので、ご遠慮なくお申し付けください。
 


ステップ4 公証人との打ち合わせ


 公証人と打ち合わせを行い、事前にご依頼者様から伺っていた公証役場への出頭可能な日
 時と公証人の都合とを調整し、宣誓供述書作成日時を決めます。


ステップ5 公証役場への出頭


 公証役場へご夫婦そろって赴き、宣誓供述書の作成を行います。
 手続き完了後、宣誓供述書一通が手渡されます。もう一通は、公証役場で保管されます。


ステップ6 業務の完了


 以上で、業務完了です。


 業務完了後も、メール・お電話によるご相談は何回でも無料で対応しております。
 お気軽に、ご連絡下さい!


南大阪 離婚協議書作成相談室離婚協議書作成をお考えの方へサービスメニュー&料金プラン



★業務対応エリア


北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、 埼玉県、 千葉県、東京都、 神奈川県、 新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、 愛知県、 三重県、滋賀県、 京都府、大阪府、大阪市、能勢町、豊能町、池田市、箕面市、茨木市、高槻市、島本町、豊中町、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、太子町、河南町、千早赤阪村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、堺市(堺区・北区・中区・西区・東区・南区・三原区)、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町、和歌山県、和歌山市・岩出市・紀の川市、橋本市、海南市、有田市、御坊市、田辺市、新宮市、湯浅町、広川町、有田川町、美浜町、日高町、由良町、日高川町、みなべ町、印南町、紀美野町、白浜町、上富田町、すさみ町、かつらぎ町、九度山町、高野町、串本町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村、奈良県,鳥取県、 島根県、岡山県、広島県、 山口県、徳島県、 香川県、愛媛県、高知県、 福岡県、 佐賀県、長崎県、 熊本県、 大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県


全国どの地域のお客様からの書類作成に対応しております。

 

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.